chiba-inage-blogさんのブログ

日中は随分温かになってきました。今年のゴールデンウィークは、好天に期待できそうです。一方で、このところ車や火事などの、事故のニュースも相次いで報道されています。人出の多いこの時期、自身の注意だけでなく、巻き込まれないような用心も必要ですね。

実は、今年の4月21日は「イースター祭」の日だったとのことです。
キリスト教の祭日、というものでは、秋の「ハロウィーン」は昨今メジャーになりつつありますが、「イースター」はちょっと知らないな…という方も多いのでは。
「イースター」は日本語訳では「復活祭」と呼ばれ、イエス・キリスト様が死からの「復活」を成された、という奇跡にちなんだものだそうです。なので、敬虔なクリスチャンの方々にとってはとても重要な祝祭日、ということになります。
しかして、その日どりというのが、「3月21日(春分の日)から次の満月の日を調べて、その満月の日から最初の日曜日」…だそうです。
ハロウィーンが「10月最後の日曜日」とわかり易いのに比して、ちょっとややこしい気がします。
現在2Fグループホームの入居者様の中には若干名のクリスチャンがいらっしゃいます。日曜にはご家族様とご一緒に、教会へ出かけられることも。
21日の日曜にも、教会へ出かけられ、お帰りになられると…「これお土産」とお持ちになられていたのが、「イースターエッグ」。

画像1: 
画像2: 

小規模では、久しぶりの外出をしました。

場所はせらびから車で5分位の所にある公園に皆でお花見へ

まだ少し寒かった日でしたが、雲一つない青空で桜はこんな感じに咲いてました!

公園内を回り、桜を見て、おやつを公園に椅子があったので、

画像1: 
画像2: 

せらび千葉稲毛では、病院との連携で訪問診療をさせていただいております。
幸有会記念病院と連携し、毎月訪問診療が2回、看護師さんだけがくる訪問看護が2回行われております。
訪問看護と訪問診療では、ご入居者様が健康的に毎日が過ごせるよう、お身体の状態や薬の調整などをしております。
ご入居者様が健康的に毎日過ごせるのは、幸有会記念病院の先生と看護師さんのおかげです、いつもありがとうございます。

画像1: 
画像2: 
画像3: 

せらび千葉稲毛では、歯医者さんと連携させていただき、訪問歯科と
いった形で歯の状態の確認や口に関する困った事を職員から訪問歯科の
ドクターに相談させていただいております。
写真にアップさせていただいているのは、ハート歯科の小島院長です。
いつもありがとうございます。

画像1: 

今日は、食事以外でのひとこまをご紹介させていただきます。
食事以外での日常生活では、ご入居者はお一人お一人のゆったりとした
時間を過ごされています。
写真は、職員が中心となって歌のレクリエーションや塗り絵等を提供させ
ていただき、楽しまれております。

画像1: 
画像2: 
画像3: 

4月のイベントとして、お昼にご入居者様にご自身でお好み焼きを
焼いていただき、召し上がっていただきました。
普段、なかなか味わえない気分で、ホットプレートを目の前にし
ワクワク。
15時のおやつには、花見のシーズンもあって桜もちを提供し
召し上がっていただきました。

画像1: 
画像2: 
画像3: 

皆様、お元気でお過ごしでしょうか…?
元号がついに決まりましたね。そう、元号は『令和』です。
この季節といったら、お花見のシーズンですね。
皆様、お花見の由来はご存知ですか。
お花見と言えば桜となったのは平安時代から。
それまでは、お花見と言えば梅の花を愛でることでした。
平安時代の短歌が、桜と梅を詠んだものが多いのはこういう理由だったのです。
平安時代に編纂された歴史書、「日本後紀」によると、
嵯峨天皇が催した花宴の節という宴が桜のお花見の起源だとされています。
桜を愛でながら、歌を詠んで楽しんだそうです。
ひたすらに優雅に過ごすことが大切であった平安貴族は、
花より団子やどんちゃん騒ぎ、というわけにはいかなかったのですね。
こうして一部の特権階級の間では、「をかし」なイベントとして
広まったお花見は、戦国時代となっても盛んに行われたそうです。
今では、桜のある場所で、お酒や食べ物を食べ、宴会となりますが、飲みすぎには気をつけましょうね。

画像1: 
画像2: 
画像3: 

4月だというのに、随分寒い日が続きます。所によっては雪やひょう、あられが降ったそうで…。今年もちょっと天候に注意の年になるのでしょうか。

一方では桜も長持ちして、入学式は満開の桜の下、という縁起の良い面もあったようです。せらび千葉稲毛は、半径1Km以内に小中高の各学校がございまして、ちょっといった公園などにも桜がより取り、と桜見物にもってこいの環境なのです。

晴天の一日、散歩がてらに中学校の校門の桜を見に行くと…、
「おー、満開満開」
見事な桜に思わず顔もほころびます。四季折々、さまざまな花がありますが、やっぱり春の桜は別格です。
「こんどはお花見の用意もしてから来よう」と男性入居者様。こんなに見事に咲いている桜をみれば、誰だって「お花見」がしたくなりますね。
天気が良い日に、連れ立ってぜひ行きましょう。

画像1: 
画像2: 

新元号の発表がいよいよ近づいてきましたね。どんな名前となるのか、ちょっと気になります。何にしても、平和で穏やか時代となれば良いのですが。

さすがに明治生まれ、という方はいらっしょいませんが、大正生まれ、という入居者様は結構おられます。
その中のお一人、H・Y様が、お誕生日を迎えられました。

当年とって94歳、大正、昭和、平成と3つの時代を乗り越えて、まだまだ元気なH・Y様。
「今日は誕生日だね」と職員にお祝いを言われると、「そうだったかな」と言いながらもちょっと照れ顔。こんなところが皆から好かれるところでしょうか。
というわけで、お昼はH・Y様の大好物のお寿司でお祝い。桶に盛られた豪華なお寿司に、「お、こりゃうまそうだな」とご満悦。あっという間に平らげておられました。

さらにはおやつには、職員手作りのチョコレートケーキ!甘い物にも目がないH・Y様も思わずニッコリ笑顔で「ありがとう」と感謝のお言葉までいただきました。
さらにさらに、ご家族さまからプレゼントとして、新しい服とこれまた大好物のあんぱん、職員からも、バースデーカードと、新しいコップをプレゼントさせていだきました。

5月から始まる「新時代」も、楽しく一緒に過ごしていきましょう。H・Y様、本当におめでとうございます。

画像1: 
画像2: 

桜が咲き始めて、いよいよ春本番、という時期になってきました。年度の始末に、人によっては入学、新生活の準備など大忙しの時期でもありますね。温度の寒暖差がある今年は、体調管理にお気をつけて。

2階グループホームでは、恒例のパンバイキングを行いました。
毎回好評のパンバイキング。買い出し組と調理組とでわかれて、準備開始。
買い出し組は、車でパン屋さんにGO。一緒に買い出しに行かれたS様に、好みのパンを選んでいただくと…「これがいい!」と選んだのはいわゆるチョココロネ!チョコと甘い物が大好きなS様満足の一品です。他にもあんパンなどの菓子パンや、カレーパンなどの惣菜パンもたくさん買って…ついでにちょっとコーヒーブレイク。表にあるテーブルで、美味しいコーヒーをいただきながら麗らかな日差しを楽しむ春の一時。いいものです。
調理組は、サラダとスープを作ります。入居者様にも手伝っていただき、トマトのヘタを取っていただいたり、レタスをちぎってもらったり。スープはかぼちゃのスープ。コトコトと温めると、香りが鼻をくすぐります。「この匂いかいでるだけで、腹減ってきたよ」ともう待ちきれないご様子。

そこへ買い出し組が到着。買い込んだパンを、食べやすい大きさにカットして、トレーに盛りつければ…準備完了。いざ、レッツバイキング!

画像1: 
画像2: 
画像3: 

装飾作りをご利用者様と職員で行いました!

3月のテーマは桜!!

桜の模様が付いた用紙を桜の形にしてもらったり、飾る紐をねじるなど色々としていただきました!

ありがとうございます!

レクリエーションではビンゴ大会が開催されました!

ご自分のカードに穴が開いて来ると段々乗ってきて、出た数字を職員が言うと「これこれ」と話されておりました!

皆がビンゴになったら終了!

画像1: 
画像2: 
画像3: 
画像4: 

みなさん、お寿司はお好きですか?
せらびでは、毎月お寿司の日が開催されます。お寿司の職人さんが来所され
お昼に握りたてのお寿司、ちらし寿司をご利用者様、スタッフに提供していただいております。
もちろん、お寿司だけでなく、おかず、お吸い物も手作り。
既製品はないので、握りたてのお寿司は何時食べても、頬が落ちるくらい美味しいですね。

画像1: 
画像2: 

ここ最近、足や手のハンドマッサージが流行しつつありますが、
皆さんは人にハンドマッサージをされた事はありますでしょうか?
ハンドマッサージは綺麗になるだけでなく、手や足のマッサージをする事で
血液の循環がよくなり、新陳代謝がよくなるといわれています。
ようやく、気候も暖かくなり始めていますが、まだまだ、寒い日が続いているので、
そんな時はハンドマッサージはいいものですね。

画像1: 
画像2: 

今日はひな祭り。女の子がお祝いされる日ですね。
そもそもひな祭りの由来はみなさんご存知ですか?
ひな祭り=桃の節句の起源は、平安時代までさかのぼります。昔の日本には五つの節句がありました。この節句という行事が、貴族の間では季節の節目の身の汚れを祓う大切なものでした。

人日(じんじつ) → 1月7日「七草がゆ」
上巳(じょうし) → 3月3日「桃の節句」
端午(たんご)  → 5月5日「端午の節句」
七夕(たなばた) → 7月7日「七夕祭り」
重陽(ちょうよう) → 9月9日「菊の節句」
(※「菊の節句」は現在はなくなっています)

上の日にちからも分かるように、「上巳の節句」が、現在の「ひな祭り(桃の節句)」になっています。平安時代、上巳の節句の日は薬草を摘んで、その薬草で体のけがれを祓って健康・厄除けを願ったそうです。
ひな祭りはいつみてもいいですね。

画像1: 
画像2: 
画像3: 

久しぶりに皆様とおやつ作りを行いました。

職員がホットプレートを出すと「何つくるの?」と女性ご利用者様達の目がキラキラと輝きます!!

桜色の生地をプレートに落とす、その手つきは「さすが主婦!」

形がゆがんでしまっても、味があって良いのが手作りの良さと話されてました。

あんこを包んで、最後に桜の葉で包んで盛り付ければ……あちらこちらから「上手く出来たね!」との声。

一足早い春の味を皆様と美味しく味わいました。

画像1: 
画像2: 
画像3: 
画像4: 

まだ春にはすこし遠い時期ではありますが、今年はどうも温かい日が多く、三寒四温と言うにぴったりな、そんな陽気ですね。春の訪れも今年ははやいのかもしれません。

そんな折、せらびにまたも大記録が誕生したのです。それは…
2Fグループホームの入居者、N様がついに「百歳」の誕生日を迎えられたのです!

去年のブログでも記事とさせて頂きましたが、あの時点では、まだ「予定」だったわけです。どうも百歳記念の銀杯は、その「年度」に百歳を迎えられる方に賜誉されるのだそうでして。つまり、銀杯を頂いた時点では百歳ではない、という方も結構いらっしゃるようです。実は、今年せらびで銀杯を頂いたご利用者様は2名いらしたのですが、お二方ともその「まだ」という方々でありました。
しかし、年末前にお一人、そして、この2月末に、もうお一人のN様が、めでたく百寿の運びとなったのです。

殊のほか、おめでたい誕生日、ということで紅白の垂れ幕でお祝い。これだけでも雰囲気が随分変わります。そして、「百歳おめでとう」の大ポスター。やはり、百歳、という特別な節目を迎えられた喜び、それをここにいる全員で分かち合いたい、そんな思いから、大きく全員に見えるこのポスターでお祝いさせていただきました。

画像1: 
画像2: 
画像3: 

2月になり雪も降り、少し積もったりしましたね。

2月7日に誕生日を迎えられた、ご利用者様がいらっしゃいます。

小規模多機能では、お誕生日迎えたご利用者様にスタッフからメッセージ付きの色紙を差し上げてます。

そしておやつの時間に他のご利用者様とスタッフから『happy birthday』を歌いお祝いしました。

I様これからも、沢山笑顔を見て下さい!!おめでとうございます。

画像1: 
画像2: 

今日は2ヶ月に1回行われる運営推進会議が開催されました。
運営推進会議とは、グループホームに入居されているご利用者様のご家族や地域との関わりのある近所の方、民生委員の方たちを含め、事業所の活動報告や、皆さんで困っている事等を話し合う場です。
今回は、グループホーム3階が主体となり、参加された方達に『介護現場での口腔ケア』という内容で研修を行わせていただきました。
口腔ケアは専門知識が必要なため、訪問歯科で関わっているハート歯科の小島院長にお越しいただきどのような口腔ケアが大切なかを教えて頂きました。

参加されたご家族の方からはとても好評で勉強になったとのご意見が聞かれました。
口腔ケアの研修資料を調べるのに苦労しましたが、今回の研修に参加した事で、介護現場での再認識をする事ができました。
小島院長、今回は、本当にありがとうございました。
また、参加していただいたS様、今回は、本当にありがとうございました。
またの機会があれば、よろしくお願い致します。

画像1: 
画像2: 
画像3: 
画像4: 

今日は、S様の誕生会を3階フロアーにてさせていただきました。
お昼にちらし寿司を、おやつには甘くておいしいケーキを提供させていただきました。
ケーキは前回、好評だったケーキを購入し、召し上がっていただいております。
おやつには、ハッピーバースデイの歌を皆で合唱し、ご本人はとても大喜びされていました。
S様、本当にお誕生日おめでとうございます。これからも楽しい生活を過ごし長生きして下さいね。

画像1: 
画像2: 
画像3: 

雪が連続して降って、通勤通学で大変だった…という方も多かったでしょう。暖冬と聞いていたのですが、雪はちょっと事情が違うのでしょうか。早く暖かい季節になってほしいものです。

とはいえ、日に日に時節は改まりまして、はや2月。節分がやってまいりました。
溜まった邪気に巣食う「鬼」を追い払い、代わりに「福」を呼び込むべく、入居者さまに豆をお渡しし、「おには~そと!」と蒔いていただくと…?

なんと「鬼」が現れました!今年は珍しい緑鬼です!
しかしこの鬼、一人一人に「ガオーッ!」っと挨拶に回ったり、一緒に写真を撮ったりと、なかなか愛嬌たっぷりの鬼さんでして、ちょっと「外」にするのが忍びないような…。

ですが、ここは福を呼ぶために涙をのんで、

「おには~そと!」「ふくは~うち!」

豆を投げつけられて、たちまち鬼は退散していきました。
でも、あれほど気のいい鬼さんなら、きっとどこかで心を入れ替えて、「福の神」になって戻ってくるかもしれませんね。

豆まきの後は、豆のお菓子のおやつで節分をお祝い。
「年の数だけ豆を食べるんだっけ」と尋ねると、「そんなに食ったら、いくら豆でも腹いっぱいになっちゃうよ」と今年93歳の男性入居者様がおっしゃっておりました。
確かにその通り、なにせ2階グループホームには今年で百歳を迎える入居者様もいらっしゃるのですから…。

画像1: 
画像2: 
画像3: 
 
ページトップへ