せらびとは

~C‘est la vie!=すばらしい人生を送ろう~

日本ケアリンクは、東京都下でもっとも早く認知症高齢者グループホームの運営をスタートし、現在は、地域密着型の高齢者施設「せらびシリーズ」を中心に事業を展開している会社です。せらびとは、フランス語でC'est la vie!=すばらしい人生を送ろうという意味です。真心のこもったサービスを提供し、「せらび」を実現することが我が社のモットーです。

運営理念

1.その人らしい、一人ひとりの自由と個性を大切にする。

「せらび」=C'est la vie!(仏語で“すばらしい人生を送ろう”の意味)に込められたさまざまな思いを実現していくことが、この理念に込められた思いです。

2.尊厳と敬意を込めた、質の高いサービスを提供する。

「せらび」の実現とは利用者にとっては、「せらび」と感じてもらえるような真心のこもったサービスを受け、“いつも家族がそばにいるような…”安寧を享受できることであり、従業者にとっては、介護の実践を通じ「せらび」と自信を持って言えるような、自己実現を目指すことであります。

3.家族および地域社会とのふれ合いを通じ、心のケアを実践する。

「せらび」は“利用者様にとっての第2の家”であり、そこへ我々従業者は“お邪魔させて頂いている”という謙虚な気持ちをいつまでも持ち続け、質の高いサービスを提供し、結果として従業者の生活があり、会社経営の安定と発展もあるということを肝に命じます。

 
ページトップへ