芳醇!パンバイキング

投稿日:2018/11/15

芳醇!パンバイキング芳醇!パンバイキング

朝夕の冷え込みが、ぐっと増してきましたね。一部では、すでにインフルエンザ流行の兆しがあるとか。予防と対策、念入りにしておきたいものです。

まずは美味しいものをいっぱい食べて、体力をつけましょう…というわけで、2Fグループホームでも、パンバイキングを行いました。
調理係と買い出し係とに分かれて、準備開始!

調理係は、サラダとスープを作ります。入居者さまと一緒に、具材を切って、盛り付けて。スープも、この時期ならではの「カボチャのシチュー」。独特のあまーい香りが、食欲を刺激します。

一方、買い出し係は近くの手作りパン屋さんで、めいめいに自分の好きそうなパンをどんどんトレイに乗せていきます。こんなに買って大丈夫?「みんなパン大好きだから、大丈夫よ」と余裕の笑顔。本当かなぁ…。

秋の日和を楽しむドライブがてら、買ってきましたパンをこれまた切り分け、お盆に山と乗せまして…。囲んだテーブルの真ん中に置いて、自分の好きなパンを取りたいように取って食べる!これぞ、「バイキング」の名にふさわしい、自由気ままのスタイルではないでしょうか?!
シチュー、サラダも準備万端。それではさっそく、「いただきます」。

「みんなパン大好き」の証言通り、次々と取っては食べ取っては食べ、あれよあれよという内にお盆も底が見え始め…。
「え、もうこのパン無いの?」
あっという間の閉店ガラガラ(古い)。そして、わずかに残っているパンも、さっきは「もうお腹いっぱい」と言っていたはずの男性入居者様が、一切れ、また一切れとパクリ。
気が付けば、お盆もお膳もすっからかん。
「ね、だから『大丈夫』って言ったでしょ」と買い出し係の入居者さま。
おみそれいたしました。

資料請求 この施設を見学する
 
ページトップへ