爽快!流しそうめん

投稿日:2019/07/08

爽快!流しそうめん爽快!流しそうめん爽快!流しそうめん

梅雨らしい梅雨、と言えばそうかもしれませんが、災害レベルに降ったり、梅雨なのに涼しかったりと、例年通り、というものでもないようです。こんな時は、いっそ非常時の対応策の点検、ということにして、非常食や水の在庫チェックや連絡方法の確認をしてみてもよいかもしれませんね。「備えあれば憂いなし」、です。

雨や曇りでうっとうしい事この上ない時期ではありますが、こんな時こそパーッと楽しいイベントを、ということで、夏恒例の「流しそうめん」を開催いたしました。

まずはそうめんを茹でます。こういう時は、皆様結構食べるもの。ちょっと多めに作っておきましょう。そうめんよりご飯だ!という方のために、炊き込みご飯のおにぎりもご用意しました。さらには天ぷらと、そうめんに付き物のフルーツももちろん用意。食材は準備万端です。
30分ほど前に「流しレール」を設置。テーブルを繋げて、台を置いて。レールの終点にはザルと水を受けるバケツをセット。ためしに水を流してみれば、サラサラと心地よい響き。大体の水量と流れの強さを確認したら、入居者さまに取りやすい位置についていただいて、いよいよ「流しそうめん」開始!

水の流れにに乗って、するりと流れていくそうめんを、われ先に、と待ち構えるご利用者様。ではありますが、これはさすがに「先攻」超有利。一番先頭の男性利用者様がさっと掬っておつゆでチュルリ。その間隙を縫って、次々と流されるそうめんを、あるいは上手く、はたまたつるりと取り逃がし、たちまち現場は歓声の嵐。こういうのって、上手くできなくても、無性に面白いですよね。
続々と流されるそうめんを、こなたあなたと皆様次々と掬っては食べ掬っては食べ…時折混ぜられるフルーツも、もちろん逃さずキャッチ。舌鼓を打たれていました。気が付けば、結構多めに茹でたはずのそうめんがもう底を尽きそうに。
「まだ食べる?」と聞けば、「もうちょっと」ということで、名残惜しくも本日最後の「流し」、見事キャッチで、ツルリとお腹へ入っていきました。
「そうめんも久しぶりだったけど、こうやって食べるとまた一層うまいねぇ。今日は本当にありがとう!」
と嬉しいお褒めの言葉もいただきました。本当に、こうやって食べると、普段の何倍も、美味しく感じますね。また、いずれかの機会をお楽しみに。

資料請求 この施設を見学する
 
ページトップへ