七夕の昼食

投稿日:2019/07/07

七夕の昼食七夕の昼食

本日7月7日は七夕です。 由来は諸説あるも、 織姫と彦星が結婚してからというもの、二人は仕事もせずに仲睦まじくするばかり。これに怒った天帝が、天の川を隔てて二人を離れ離れにしてしまいました。 しかし、悲しみに明け暮れる二人を不憫に思った天帝は、七夕の夜に限って二人が再会することを許しました。こうして二人は、天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、年に一度の逢瀬をするようになったのです。 現在では、スマホもあり遠距離恋愛でもそれほどロマンティックな逢瀬は少なくなったのではないでしょうか? とはいえ、高齢者の施設ではイベントごとは大事。 ご利用者様には願いごとを書いた短冊をエントランスにある笹に飾っていただきました。 そして昼食は厨房職員が愛情をこめて、素敵なお寿司を提供することができました。 見た目でも季節を感じていただけたようです。 味も抜群でした。 皆様はどのような七夕の日を過ごされましたか?

資料請求 この施設を見学する

    

 
ページトップへ